時代を掴もう|資産を増やすために投資用ワンルームマンションを購入しよう

資産を増やすために投資用ワンルームマンションを購入しよう

時代を掴もう

メンズ

単身世帯が増えています

ここ数年で単身世帯が増えています。また、二人暮らしを意味するDINKSも増えています。この傾向を捉えて、1Kや1LDKなどのマンションを買って不動産投資をする人が多くなってきました。都市部における単身世帯もしくはDINKSを狙った不動産投資は、今後、リスクが極端に小さくなる可能性があります。なぜならば、供給戸数が減っているからです。現在、建設業界では、都市部でマンションの用地を確保することに苦戦しています。工場の跡地や国有地など、たいていのエリアが開発されてしまい、大きな物件が出てこないためです。また、地方自治体が、地域の治安面などからワンルームマンション規制も単身世帯の賃貸需給に大きく影響しています。

トレンドをみよう

単身世帯もしくはDINKSの需要は増えている一方で、ワンルームかそれより広めの部屋の供給が細っているため、既存のワンルームマンション等に希少価値が出てくることが期待されています。現在、積極的に不動産投資を行っている人の中には、このような予測に基づいて行動しているケースもあるのです。空室リスクが小さく、希少価値も出てくるとなれば、これほど魅力的な投資商品はありません。資産運用の手段として、不動産投資を検討しているのであれば、ちょっと価格が上がったからといって購入を躊躇う様なことをしてはいけません。長期のトレンドを見据えたうえで、積極的に行動していくことをお勧めします。但し、都市部の投資物件を選ぶようにしましょう。