賃貸経営の特徴|資産を増やすために投資用ワンルームマンションを購入しよう

資産を増やすために投資用ワンルームマンションを購入しよう

賃貸経営の特徴

男の人

賃貸経営にはいろいろなものがありますが、その中の1つとしてサブリースというものがあります。サブリースとは、資金だけは本人が用意して、その他の業務や経営は外部に一切委託するという不動産運用のことです。不動産運用と聞くと空室対策や賃貸管理を行なわないといけないため、収入が入るものの面倒という印象があります。しかし、サブリースなら委託している状態になるので、スムーズに賃貸経営が行えるようになるのです。通常の賃貸経営においては、物件を所有している人が入居者と直接契約をしてその家賃を収入源にして運営を行います。自身で経営しているので、家賃収入はすべて自分の手元に入ります。しかしながら、サブリースであれば不動産会社に運営してもらうので、その手数料が引かれます。しかしながら、家賃保証がありますので、空室になっても不動産会社から賃料がもらうことができます。不動産運用の専門知識がなくても誰でも始められます。

サブリースの大きなメリットは資金を出すだけで安定して賃料を手にすることができるという点です。そのため、資金に余裕がある人でサブリースを行う人が増加していますが、知っておくべきことも多くあります。それは期間と賃料の関係についてです。サブリースでは最長で30年間もの家賃保証がされますが、初年度の賃料がそのまま30年後も保証されるわけではありません。基本的には5年ごとに契約更改がありますので、その度に保証される賃料が減っていきます。そのような点をしながら賃貸経営を行ないましょう。