資産を増やすために投資用ワンルームマンションを購入しよう

賃貸経営の特徴

男の人

サブリースは資金だけを用意して実際の経営や業務は不動産が行うという賃貸経営のことです。空室があっても家賃保証がされているので、安定的に収入を得られるメリットがあります。

More Detail

マンション投資

集合住宅

マンション投資の仕方

余剰資金を上手に運用する目的で不動産投資がブームです。しかし最初から一棟丸ごと購入しての投資はリスクが高く二の足を踏む人も多いです。そこで人気なのが投資用ワンルームマンションの購入が人気です。ワンルームマンションは文字通り一人用マンションで、投資用ワンルームマンションとして一部屋購入し、家賃で毎月安定収入を得たり、高く転売して差額で利益を得たりします。投資用ワンルームマンションのメリットは比較的資金が少額で始めることができます。立地や建築年数にもよりますが、1000万円程度の資金があれば良いです。また投資用ワンルームマンションは流動性が良いのも特徴です。単身者以外にも個人事務所や会社の寮部屋等にも利用でき、比較的短期間で売却できます。

マンション投資の豆情報

投資用ワンルームマンションには先に紹介した以外にも様々な特徴があります。マンション経営と言うと面倒と想像しがちですが、建物の管理はマンション管理会社がしてくれますし、賃貸については賃貸管理会社が行ってくれますので安心です。投資用ワンルームマンションを購入するには新築、中古どちらを選択すべきか悩むところですが、どちらにも特徴があります。新築のメリットは高い家賃でも入居者を確保し易いことと、担保力が高いことです。次の中古マンションのメリットは何と言っても初期投資費用が安いことです。また家賃価格も新築と比べて安定しているのも魅力です。このため立地さえよければ空き室を防ぐことはしやすいです。以上を留意してリスクを減らした投資を心がけましょう。

時代を掴もう

メンズ

都市部では単身世帯もしくはDINKSが増加傾向にあります。この状況を捉えて、都市部でワンルームかそれより少し広めのマンションを積極的に買っている人もいます。不動産投資をするのであれば、時代の変化を意識してみましょう。

More Detail

不動産投資を考える

メンズ

収益物件は家賃収入が得られる物件のことで、一般の人でも不動産を購入すれば運用ができます。第二の資産として収益物件は人気があり、大都市でもある大阪の地区からそのような物件を探す人が多いです。収益物件に興味がある場合は、不動産投資会社から気になる物件を探していくことができます。

More Detail